下北地域広域行政事務組合

青森県下北・はまゆり学園や環境衛生・消防本部などからの情報サイト

  • 〒035-0073 青森県むつ市中央1-8-1
  • TEL 0175-28-2100
  • FAX 0175-22-2580

下北広域消防


ここから本文です

消防本部からのお知らせ 一覧

弾道ミサイルが落下する可能性がある場合にとるべき行動について

 北朝鮮により弾道ミサイルが発射された場合で、日本に飛来する可能性がある場合は、政府としては、関係する地域の住民に対して全国瞬時警報システム(Jアラート)を使用して情報伝達することとしております。  この度、昨今の情勢を踏まえ、弾道ミサイルが落下する可能性がある場合に、国民の皆様がとるべき行動について、以下のように示されたことからお知らせいたします。    弾道ミサイル落下...

▼続きを読む

平成29年度 全国統一防火標語が決まりました!

「火の用心 ことばを形に 習慣に」  春の火災予防運動では、消防職員による一般住宅や高齢者宅防火訪問、幼年消防クラブ員による防火の呼び掛けなどの行事が行われ、また、ポスターなどによる防火意識の高揚と啓発を目的に実施しました。  今回、平成29年度の全国統一防火標語が上記のように変わりポスターや広報などにこの標語を使用してさらに防火活動を図っていきます。  ※当消防本部での全国統一標語の使用は...

▼続きを読む

平成29年度 春の火災予防運動が行われました

 県下一斉に春の火災予防運動が実施され、下北管内の各地でいろいろな防火に関する行事が行われました。  春の火災予防運動期間は終了しましたが、引き続き火の元、火の取り扱いに十分注意して火災発生を防止しましょう。 下北管内の火災予防行事結果 防火パレードが下北管内で行われました     認定こども園星美幼稚園幼年消防クラブ員がむちゅらんと一緒に防火の呼びかけを行いました(むつ消防署) ...

▼続きを読む

大畑消防署主催の平成28年度防火ポスターコンテスト受賞式について

 平成29年4月9日(日)に、大畑消防署主催の平成28年度防火ポスターコンテストの優秀者の受賞式が行われました。  大畑地区の小学生を対象とし、48点の応募があったなか、受賞されたのは、最優秀に選ばれた野中彩葉さん(大畑小学校6年生)、優秀賞に選ばれた小助川奈巳さん(正津川小学校6年生)と新井田亜希さん(大畑小学校6年生)3名です。  同コンテストは、水槽付き消防ポンプ自動車が平成27年度配備...

▼続きを読む

大間婦人消防クラブが平成28年度青森県知事表彰を受賞しました!

 平成29年3月24日(金)に青森市で開催された消防功労表彰式で、大間婦人消防クラブのこれまでの活動が地域の防火思想に多大な貢献をもたらし、他の模範となると認められ、表彰状と表彰旗が授与されました。  また、同年3月31日(金)大間町役場を訪れ、大間町長へ報告しました。 表彰式の様子    大間町長報告の様子                ...

▼続きを読む

違反対象物の公表制度実施のお知らせ

公表制度開始の背景  平成24年5月に広島県で発生したホテル火災等において、火災後の調査により、多くの消防法令等に関する重大違反があったことが指摘されております。  このような消防法令等に関する重大な違反のある建物について、建物の利用者自らが建物の危険性に関する情報を入手して利用の判断ができるよう、その違反内容等を公表する制度の実施を推進する旨の通知が総務省消防庁から出されました。 違反...

▼続きを読む

救急車の適正利用のお願い

 近年、救急車の出動件数・搬送人員は増加傾向にあります。 救急車を本当に必要としている人のために、皆様の御理解と御協力をお願いします。   こんな時は救急車が本当に必要なの?  ・救急車で行けば早く診察してもらえる  ・今日入院予定日だから、病院に行きたい  ・タクシーだとお金がかかる  ・夜中に診察してもらえる病院が分からない  ・紙で指先を切った。血は止まっているが・・・ ...

▼続きを読む

住宅用火災警報器の電池等のチェックをしましょう!

 住宅用火災警報器は、平成16年の消防法改正により、平成18年6月1日から新築住宅への設置が義務化され、今年で10年が経過しました。  現在普及している住宅用火災警報器の多くは電池式であり、その電池の寿命は最長で10年が目安とされています。(※3年や5年が目安のものもあります。)  電池切れ等が原因となり、万が一の火災発生時に警報音が鳴らないことがないよう定期的に作動確認を行いましょう。  ...

▼続きを読む

既設の地下貯蔵タンクに対する流出防止対策について

 近年、危険物施設において地下貯蔵タンクや地下埋設配管の腐食、劣化により危険物の流出事故が増加しています。  このような危険物流出事故を防止するため、既に危険物の規則に関する規則等の一部を改正する省令(平成22年総務省令第71号)及び危険物の規制に関する技術上の基準の細目を定める告示の一部を改正する件(平成22年総務省令第246号)がそれぞれ公布され、平成23年2月1日から施行されています。 ...

▼続きを読む

震災時における危険物の仮貯蔵・仮取扱い申請手続きについて

 平成23年3月11日に発生した東日本大震災では、ガソリンスタンド等の危険物施設が被災し、また、被災地への交通手段が寸断されました。  これによりドラム缶や地下タンクから手動ポンプを用いた給油、注油が行われたり、危険物施設以外の場所で一時的な危険物の貯蔵など平常時とは異なる対応が必要となって危険物の仮貯蔵・仮取扱いが数多く行われました。  今後、下北地方においても大規模な地震等が発生すれば東日...

▼続きを読む

Page 1 of 111234510...Last »