下北地域広域行政事務組合

青森県下北・はまゆり学園や環境衛生・消防本部などからの情報サイト

  • 〒035-0073 青森県むつ市中央1-8-1
  • TEL 0175-28-2100
  • FAX 0175-22-2580

下北広域消防


ここから本文です

花火大会、夏祭りでの火災予防について

 平成25年8月、京都府福知山花火大会の露店で発生した火災を踏まえ、露店等の火災予防に関して下北地域広域行政事務組合火災予防条例の一部が改正されたところです。
 これにより祭礼、縁日、花火大会、展示会など多くの人が集まる催しで火を取り扱う器具を使用する場合は消火器の準備と届出が必要となります。
 下記の内容をご覧の上、事故のない花火大会、夏祭りにしましょう。

催しとは?

 祭礼、縁日、花火大会、展示会その他の多数の者が集合することいい、近親者によるバーベキュー等、お互いに面識がある者のみが集まる催しは該当しません。
hanabi_family_bg[2]
 

火を取り扱う器具(対象火気器具等)とは?

 炭、電気、ガス等を使用したコンロ、発電機などが該当します。火を取り扱う器具を使用する場合は出店する店舗ごとに消火器の設置が必要となります。消火器は「業務用消火器」を使用してください。
イラスト
 

カセットボンベによる爆発事故防止についてはこちら。

カセットボンベによる爆発事故防止について

届出する人は?

 催しの主催者や露店等の関係者が消防署長(分署長)に届出をします。露店組合や町内会等で一括して届出することも可能です。
 「露店等の開設届出書」の様式はこちらでダウンロードできます。
様式第12号の2(露店等の開設届出書)
 
omatsuri_yatai[1]
 

危険物の取り扱いについて

 発電機の燃料として使用するガソリンは金属製の携行缶に収容し、高温となる火気のそばや炎天下に置かないようにして下さい。ガソリンはポリ容器で保管することはできません。また、発電機にガソリンを注入するときは必ずエンジンを止め、携行缶のエアー抜きをして周りに人や火気がないことを確認してから行ってください。
携行缶
 

指定催し(大規模な催し)とは?

 一日当たり10万人以上の人出が予想され、かつ、主催する者が出店を認める露店等の計画数が100店舗を超えるものか、その他消防長が火災予防上、特に必要と認めるものです。
 また、指定催しを主催する者は防火担当者を定め、「火災予防上必要な業務に関する計画提出書」を作成し開催する14日前までに消防署長(分署長)に届出なければなりません。
 「火災予防上必要な業務に関する計画提出書」はこちらでダウンロードできます。
様式第3号の2(火災予防上必要な業務に関する計画提出書)